音笑み〜otoemi

池袋から電車で14分、枠にハマらない自由な音楽表現を体験できる場所。たった一組のためのプライベートコンサート開催、ベビーのためにママと一緒に作る子守唄創作、家族のためのテーマソング制作、子どもの成長を祝うアニバーサリーソング制作、親子で楽しむ動画編集など…楽しみ方は色々です♪

岡本フミと「音笑み」

【音笑み〜otoemi】

音楽で思わず笑みの溢れる場所作りを、とはじめた
『音笑み〜otoemi』HP
主宰の岡本フミです。

HPを彩ってくれている、ヘッダーにも愛が込められています。
ヘッダーになぜ弁財天様をお招きしたのか…
ぜひ、こちらも合わせてご覧くださいませ。

余談ではありますが…
不思議なことに、あるきっかけから2016年の12月より
神社仏閣を訪れることが日課になりました。

今では、御朱印帳も持っています。
2017年2月に開催された、
大好きな上野近辺の神社仏閣参拝ツアーに参加したことをきっかけに、
弁財様とのご縁をいただくことができて
ますます芸を磨き、芸事を通じて皆さまと出会ったり、
私の持っている知識技能をお伝えできたらいいなあと、考えております♪

日本古来から伝わる伝統的なことや、
こういった神秘的なことにもとても心惹かれる私でございます。

2017年2月上野弁財天付近にて撮影

岡本フミの生い立ち

生まれた頃から、家には楽器があって
母が夢だった「ピアノを習う」を継承し
4歳からピアノを習ったところ、自分にはあっていたようで
ピアノは生涯の友になり、音楽は空気のように当たり前の存在になりました。



〜学生時代〜
自分を出すと、良い意味でも悪い意味でも目立ちすぎてしまい
友達には「異質」と思われてしまうのか
仲間はずれになったり、一人になってしまうこともあった小学校時代。
とても苦しかったので、人前で自分を出すということを徐々にやめてしまい
自分を抑える。ということを覚えます。

そんな中
私を支えてくれたのは音楽で
一人で思うようにピアノを弾いている時間
私の心はとても自由でした。

音楽で自分を表現したいのに、自分を出せない。出さない。
という、矛盾した時期が長く続きました。
それでも
中学時代は、かなり熱心でスパルタな吹奏楽部に所属
カリスマ先生に心酔し、とにかくのめり込んで
全国大会には2度出場することができました。

 

高校に入ってからは、残念ながらぬるい部活動に嫌気がさし
先輩とケンカして吹奏楽部をやめます(苦笑)

あの頃は、中学時代の部活動を自分の中では努力の結晶というか
心の拠り所にしていたのですが
「へたくそ!」と先生から罵声を浴びせられるような教育が
自分にはあっていなかったということに、
随分後になってから気づくことになります。

 

 

高校時代は、中学時代の吹奏楽部顧問の先生からのすすめで
音大受験を目指し、レッスンに通います。
ピアノ、ソルフェージュ(音楽理論を学ぶレッスン)、自分の専門であるクラリネットのレッスンと
勉強の合間に多忙な日々をおくります。

 

と、ここでも
自分がついたクラリネットの先生はとても厳しい方で
とにかく自分を追い込んで追い込んで
めったにほめられないため、自己肯定感がとてもとても低い私が形成されてしまいました。

 

 

めでたく大学に合格
両親には、総合大学ならばよし。(音大受験は最初かなり反対された)と許しを得て
日本大学芸術楽部音楽学科にて、クラリネットを専門に学びながら
教員免許取得を目指しました。

仲の良い友達たちが次々と自主退学していき
私のグループで残ったのは私だけになってしまうという
寂しい学生時代を過ごします。
それも、「孤」を知る。というよい時間だったのかもしれません。

音楽にどっぷり浸って練習しまくった青春時代でしたから
それはかけがえないものでありました。

 

 

教員採用試験1度目は不合格。
大学を卒業し、児童館で働きながら2回目の教員採用試験で補欠合格。
その年の年度末に、採用が決まり、教員として東京都内の中学校で働くことになります。

 

中学校の音楽の先生

祖母、小学校の先生
曽祖父、校長先生

父、中学校の先生
母、もと高校の先生

と、身近に先生だらけだった私の実家。
先生になりたいと思ったのは、中学時代の部活動の顧問の先生との出逢いであって
吹奏楽部指導を夢見ていました。

子どもたちに恵まれ、
初めて赴任した学校では自分が思い描いていた部活動経営を実現。
けっこうスパルタで、厳しく指導してしまっていました。
それが正しい、と思っていたのですが、私はそういう指導しか知らなかったので
そうすることしかできなかったのです。
まさに、青い春。これもまた、青春でした。

充実の日々ではありましたが
マンモス校での勤務は激務でかなり心身ともに疲弊していました。

新しく異動することとなり、異動先は離島。
厳しい両親で、一人暮らしもさせてくれなかったため
初めての一人暮らし。しかも海を隔ててしまった。
この時の経験は挫折ばかりです。
でも、この経験があったからこそ、今の私がいます。

 

 

音楽療法との出逢い

失敗ばかりで体調も崩しがちになり、意気消沈していた時に
ふと私がお手伝いに行ったのが
恩師の音楽療法の現場でした。

そこで、障がいをもったお子さんたちが
音楽で生き生きと表現する様子に感銘を受け、音楽療法を学ぶことを決意します。

心身ともにボロボロになってしまった私が
離島から帰って次に赴任したのは生活指導上かなり困難を抱える学校でした。
ここで心が折れてしまい、一度教壇を去ります。

 

その後、児童館や療育施設などで働きながら音楽療法を学びます。
その間、結婚・妊娠・出産と大きな人生イベントが重なりました。

そして結局、「音楽療法士になる」という選択をせず
※詳しくはこちら※
自分らしくどういきていくか
やっと今、それがわかりはじめたところです。

 

これからどう生きていく?

子育てをしながら、自分らしく働くことを模索し
現在では中学校の特別支援学級で音楽を教えながら…(フリーダムな講師業です)

どうして特別支援教育に携わるようになったのか

アニバーサリーソングを制作してみよう!と思い立ったり
オリジナル曲・カバー曲を発表したり
時々ライブに出たり
創作活動をしています。

002
私が私らしく生きられるようになったのは
私が新しく自分で家族を作るようになってから。

厳しい両親のもとに生まれ
枠というか、「長女として」「先生の子どもらしく規範を守る子」
こんなふうに生きることを課せられた私は
ハメを外す、ということができませんでした。

唯一自分を貫けたのは、「音楽を選んで生きる」ということ。
自分を表現できる手段を持てたから、今まで生きてこられた。
音楽にどっぷりつかる時間をくれたこと、両親には感謝しています。

そして、少し前までは「枠にハマって規範を守り、真面目な私」を
とてもネガティブに思っていましたが
それすらも、自分で決めて生まれてきた。ということを
占星術〜ホロスコープを学んで気づかされました。
大好きな、海部舞先生、ありがとうございます。
もともと小さな頃から星座が大好きだったので、大人になってから学べてよかった。

それがわかったことで、自分を肯定できましたし、
生きることがとても楽になったし、自分が変化していくことが楽しみになりました。
自分が持って生まれたホロスコープを知るって、とても豊かな体験ですよ♪
興味のある方には、そんなお話もできます(^^)

人との出逢いの中で
クラシック音楽を軸に成長してきた私
自分ありき、よりも、伝統とか格式とか、作曲者の意図とか
自分を出すよりも目の前の楽譜の通りに再現することが求められた。

私にとってはそれがとても窮屈だったのに
なぜだか空気を読んで
耳コピーができることや、即興演奏ができることを隠して生きていました。
「自由に表現したい」とは言えなかったんです。

そこを打破するまで、時間がかかってしまいましたが
これからはもう隠れることもなく、恐ることもなく
ただただ「私」として生きていく。と決めたのでした。

13680955_1057040111049986_1113938728257279728_n

そう決めてから、緩やかではありますが
私自身にも、家族にも、いい変化が訪れています。

家族そのものが愛に溢れ
自由に生き
家族で自由に楽しくアートを表現できる、体現できる
そんな暮らしを実現していきます♪

 

手前ミソですが…
私たち家族、最高です♡♡♡

 

002

 

「音笑み〜otoemi」のHPでお伝えしていること〜一部〜

音楽を聴くと不思議と涙が出たり
やる気が出てきたり

音楽って目に見えないけれど
本当に不思議なチカラがあるのだなあ。と
音楽に関わる仕事をしていると、実感することが多々あります。

 

このHPからは
音楽のチカラについて掘り下げたり
また、応援ソング・癒される音楽などを紹介したり

音楽療法を学んだ岡本フミがお届けする
子育てや子どもとのコミュニケーションに役立つことなど

音楽に関する諸々をお伝えしてきました。

音楽って、別世界への扉です♪
 
round-arch-466043_640

 

 

私は音楽を教える音楽の先生、という立場としても

『音笑み〜otoemi』というHPの主人としても
みなさんが日頃出逢わないような音楽に出逢えるように…
いつでも自分の中の音楽の扉をオープンにしていたいと思っています。

 

 

生まれた時から音楽に触れられる幸せな環境にあった、ということもあるし
音楽を専門的に追求してきたからこそ、語れることもある。

機会って、絶対に多い方がいい。

そういえば…って『音笑み〜otoemi』のことを想い出してもらえるのも嬉しいなと思う。
それって、ずっと続けていて
この場所があるからこそできることだから♪
だから私は今でもこうして、発信し続けるのだろうな!と思っています。

 

今まで、週の始まりを音楽で応援する【Monday Music】を毎週月曜日に更新していました。
コーナーの中では、ある1曲をピックアップして
その曲の由来だったり、関連するオススメ曲などをコラムにまとめています。
ピックアップした曲の歌詞や動画にすぐにとべるリンク表記もしています。

ここではきっと、あなたの特別な1曲に出逢えることでしょう(^^)
過去のバックナンバーをご覧いただけたら幸いです。
どこかのタイミングで、また復活して毎週更新するかもしれません♪

『音笑み〜otoemi』という場所は
ココにきたら今の自分の気持ちにしっくりくる音楽がさがせるかも…
と思ってもらえるような場所にも、なったらいいな。とも思っています(^^)

 

岡本フミの専門性

音楽の先生として教壇に立つ経験は10年以上
現在は講師として特別支援教育に携わり、音楽を教えています。

<所有する資格>
中学校・高等学校教諭1種免許状
特別支援学校教諭2種免許状

<携わった教育現場>
・中学校普通学級 *中学校特別支援学級
・特別支援学校
・児童館 ・未就学児療育施設  ・学童クラブ
(*は現在勤めている現場)

 

教育関連取材歴

2015年:NHKドキュメント番組
2016年:TBS「ジョブチューン」

 

♬岡本フミってこんなヒト ♬

12390832_932340636853268_7435709620797747434_n

*特技*
絶対音感・耳コピ・ピアノ弾き語り
ピアノ伴奏アレンジ・クラリネット演奏・作詞作曲


*趣味*

文章やイラストの創作・旅行・ミュージカルやライブ、コンサート鑑賞・カフェめぐり

*好きなひと・もの・ばしょ*
菅野よう子・久石譲・坂本真綾・新居昭乃・KOKIA・GACKT(敬称略)

チャイコフスキー・ブラームス

マグリット・モネ・ルノワール

ジブリ・ダヤン・ムーミン・マトリョーシカのグッズ

美術館・銀座・上野・雑貨店・カフェ・芝生・公園・海

002

fm

こんな小さかった娘も、4歳になりました♪

002

 

大学生の頃からHP作成やブログ発信を始め
自分の想いを誰かに届けたい!という気持ちが強かった私。

発信できる場所を持てる時代に生まれたこと
とても幸運に思います。

この場所を通じて
たくさんの方と出会えることができたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します♪

 

13177518_1016837381736926_5746681269517877842_n

 

日常を彩る音楽家
岡本フミ

2017.4.23更新

otoemi

 

♪Facebookもご覧ください♪

FBグループ【音笑み〜otoemi】
グループ参加にはFBのアカウントが必要です。
ここでの発信は公に見ることができない
グループ参加者限定の投稿になります♪

http://www.facebook.com/groups/otoemi/

 

FBページ【音笑み〜otoemi】
FBページにいいね!していただけると
FBを通じて『音笑み〜otoemi』の最新情報が表示されます。

http://facebook.com/otoemi23

 

FB個人ページ【岡本フミ】

http://www.facebook.com/lovemusic23

フォロー大歓迎!
お友達申請、お待ちしています。

 

youtube

 

♡チャンネル登録大歓迎♡

チャンネル登録者1000名を目指しています☆
ぜひ、応援してください!

*チャンネル登録には、Youtubeのアカウントが必要です*

 

【Fumi×Youtube♬個人名義チャンネル】2011年開設
こちらのチャンネルでは、カバー曲やオリジナル曲などをご覧いただけます。

http://www.youtube.com/user/fumi23lovemusic

 

【YouTubeチャンネル♬音笑み〜otoemi】2014年開設
こちらのチャンネルは、現在リニューアル中です。
「子育てに役立つ音楽」や、長年私が携わっている「音楽教育」に関する動画を
公開してみようかと検討中です!

http://m.youtube.com/channel/UCesdG-LEBbonG5yRedG03zw